新潟施楽院-自然治癒力再生-

» ビワ葉温熱療法とは

新潟施楽院-自然治癒力再生- > ビワ葉温熱療法とは

ビワ葉温熱療法とは

ビワの効果

ビワ

ビワは古くから、健康に有効な植物として知られています。
特にビワに含まれる注目成分として「アミグダリン」というものがあります。この成分はビタミンB17のことですが、体の中で不必要なものがあればそれを選んで破壊してしまうという性質があります。

このアミグダリンが多く含まれているのがビワの葉や種で、この成分が身体を整え、健康へと導くのです。またビワにはその他、健康を左右する様々なビタミンやミネラルが含まれていることも見逃せません。

ビワ葉温熱療法/ビワキュー

ビワ葉温熱療法

古来ビワ療法は、ビワ葉を肌に置き、その葉の上にもぐさを熱源にした、いわゆるお灸の原理を利用したものでした。しかしこの方法は火傷の危険がありますし、簡単にできるものではありません。
そこで、この原理を手軽に利用するため開発されたのが「ビワキュー」です。
ビワキューは、ビワ葉の替わりにビワ葉エキスを用いながら熱源として透過光線と遠赤外線を放射させるビワキュー器具を使います。

ビワキューは熱くなく、火傷もなく快癒点に作用することで気、血、水の流れを活性化させることができます。

ビワキューの快癒点到達温度は約60度以上。がん細胞は42.5度で死滅すると言われています。

伝承医術におけるビワ療法

「日本伝承医術」は16の施術に大別できますが、当院の行うビワ療法はその中でも特に重要な施療パーツを担っています。

伝承医術・十六の治療法

①鍼灸療法
ビワ葉エキス温圧の癒し療法
②食餌療法
正命食、正しい食養法の指導。
③行動療法
自分の病気は自分で治す。自己調整法。
④薬餌療法
薬理効果に優れた機能性を含む食品群。
⑤水療法
湧水システム、水浴、薬浴。
⑥体液療法
酵素飲料および酵素食品群。
⑦温熱療法
ビワピラミッド療法
ビワエキス温熱マット
⑧オイルマッサージ療法
オイルセラピーの癒し療法。
ボディケア、フェイスケア、フットケア。
⑨強制排除療法
気毒、体毒の対外排泄。
フットデトックス、ボディデトックス。
⑩心理カウンセリング療法
感応導交、気づき。四診法。
⑪ヨーガ療法
誘導瞑想による六根清浄。通気法。
⑫精神療法
内観法、内省法、香気法、音楽療法。
⑬気功療法
古式伝承気功法と三密加持。採気法。
⑭催眠療法
潜在意識応答法による潜在意識の改善。
⑮外科手術療法
外科医による手術療法。
⑯看護療法
自宅における家族の役割分担、患者の自立のための療法指導。

ビワ葉温熱療法の効能

ビワ葉温熱療法

古代インドに発祥したビワ温熱療法は中国から日本に伝わり、様々な難病を根治に導くことが知られています。その効能をまとめてみました。

  • ●気・血・水(体液)の流れを整え、自律神経のバランスを整える。
  • ●ホルモンバランスを整える。
  • ●冷えを改善し、自然治癒力を高める。
  • 抗がん作用、血液浄化作用、消炎作用、殺菌作用に関する多くの体験談がある。

健康効果

腰痛・肩こり・節々の痛み・生理痛・足のむくみ・冷え症・免疫力アップ・便秘

美容効果

美肌・シワ・ほうれい線に効く・乾燥肌・むくみ

このページの先頭へ